お問い合わせはこちら

潜在意識のミラクルパワーで ママが毎日を幸せに生きる❣

『沈黙の時間』 思春期の子が親の話を聞かない時に

 
この記事を書いている人 - WRITER -
尾藤 美智子
始めまして! あるがままの自分を受け入れ、毎日を豊かに生きる! 勾玉セラピストで貯蓄アドバイザーの尾藤 美智子です。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!
勾玉セラピストの びとうみちこです😊

思春期の子どもとのコミュニケーションの秘訣とは?

普段お子さんと話していて、またお子さんの話を聴く状況で、落ち着いて楽しくやり取りできていますか?

小さい頃はあんなにもおしゃべりで可愛かった我が子も、成長し思春期や反抗期を迎え、家ではあまりしゃべらなくなりました。
お世辞にも聴き上手・話し上手とは言えない私、口数が減った我が子とのコミュニケーションが上手くいきません。

上手くいかないから、一方的に自分の用件だけ話したり、子どもに返事を急かしたり。
で、更に上手くいかない・・・。そこで考えました。なぜなんだろう?
そして私は気づいてしまったのです。

【沈黙の時間】が欠けている

子どもに意見を求めても、すぐに答えが返ってこないとイライラします。
そのイライラは、きっと不安の裏返し
私が不安になり、ついつい沈黙を破って
「聞いてるの?」
「それでどうなの?」
「ちゃんと考えてるの⁉」
と追い打ちをかけて、子どもに返事を急がせてしまうのです。

これ、単に私が
「待てない、沈黙に耐えきれない」
だけなんですね(-_-;)

お母さんが待つ時間=子どもの成長タイムです!

この “待つ” という沈黙の時間、子どもは何も考えていない訳ではありません。
頭の中を整理して、色々なことを考えているのです。
この時間こそ、本当は「考える力」を伸ばしてくれる成長タイムなのです!

ある研究によると、学校の授業での答えの待ち時間を3~5秒 伸ばした結果
待ち時間を与えられたグループは、より多くの解答を考え出し、その解答はより考え抜かれたものになったそうです。

待つ

子どもとのやりとりでは、子どもの答えを待ちたいですね
沈黙を恐れず、子どもに時間を与えてあげてみて下さい。

もしその時
・いつも答えは必ずあるはず
・早く返事をしてほしい
・私は待てない

などという “想い” がお母さんの中にあるのなら、その思い込みが邪魔をしてしまいます。

答えを急げば急ぐほど、沈黙を埋めれば埋めるほど親からの問いかけは一方通行になって、子どもの考える機会は少なくなります。

お母さんは、子どもが頭をフル回転させる大切な時間、 “沈黙” を楽しみましょう!

いつも応援しています!

すべては "今ここ" から
お母さんが幸せになるマル秘文章を今だけ無料プレゼント中!

今なら、30分の個別セッション(通常5,000円)を20分3000円で受けて頂く事が出来ます。
ZOOMもしくはその他のビデオ通話で、オンラインでお気軽に受けることができます。
この機会に、ありのままで生きる自分に出会いませんか?

▼登録はこちらから▼

 

この記事を書いている人 - WRITER -
尾藤 美智子
始めまして! あるがままの自分を受け入れ、毎日を豊かに生きる! 勾玉セラピストで貯蓄アドバイザーの尾藤 美智子です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Child-communication academy , 2019 All Rights Reserved.